ゼロウェイストだし

ゼロウェイストキッチン。

料理が大好きな私。なので今回もまたゼロウェイストキッチンネタ。

 

日本の出汁と言えば、昆布や鰹節、煮干、椎茸などから取る出汁。

西洋の出汁は、にんじんや玉ねぎ、セロリなど(場合によっては牛や鶏)から取る。

ゼロウェイスト出汁は、野菜くずから取る野菜のブロス。

毎日の料理の中でどうしても出てしまう、野菜の皮、ピーマンなどのヘタ、かぼちゃなどの種、お肉を食べる場合は鶏の骨など。

 

我が家では生ごみコンポストするまでに虫が湧いたり、コバエの発生を防ぐために冷凍庫に溜めて、溜まってはコンポスト処理してます(4〜5日に一回)。

 

以前コンポスト処理について書いた記事はこちら↓ 

simplylivinggreen.hatenablog.com

 

ふとある日、以前ドイツに住んでいた頃、スペイン人ルームメイトがスープを作るのに丸ごとにんじんや玉ねぎ、セロリの野菜を入れて丁寧に出汁を取って、出汁を取ったらその野菜を捨てていたことを思い出しました(捨てようとしていたのでもったいないと言って、私はその野菜をいただきました(笑))。それならコンポストする前の野菜くずから出汁を取ってもおいしいのではないのかな、と思い、母親に話してみると、「ベジブロス」と言って、朝の番組でもやっていたよ、と(我が家にはテレビはありません...)。早速やってみると、おいしい。

そして意外にもみそ汁や煮物、カレーなどの出汁として使うとすごくおいしい。以前は昆布や椎茸から出汁をわざわざ取っていたけれどもその手間も省けるし(その後、だしがらから佃煮を作る手間も省ける)、みそ汁好きのパートナーからはベジブロス出汁の味噌汁の方がおいしいとも言われました。

 

ベジブロス、調べていくと、実に奥が深い。

実はフィトケミカルがたっぷり。フィトケミカル(phytochemical)とは、野菜や果物が紫外線や害虫から身を守るために作りだされている天然の化学物質。フィトケミカルは水溶性で火を通すことで煮汁に溶け出し、実は生野菜ジュースに比べても同じ野菜を煮出した煮汁の方がより多くの抗酸化作用が得られるとか。要はベジブロスは野菜くずに詰まっている豊富な栄養素が摂取できる。

 

そして作り方は至って簡単。

 

作り方:

野菜のくず(皮・ヘタ・種・ワタなど) あるだけ(我が家は4、5日分)

水  1〜2L (野菜の量に応じて)

お酒 小さじ1〜2(無くても良いが、野菜の臭み消しに入れると良い)

 

全てを鍋に入れて弱火〜中火にかける。沸騰したら弱火でコトコト15分くらい。

ポイントは蓋をすること!!(フィトケミカルが蒸気と一緒に逃げないように蓋をして煮込む。冷めるまで蓋を開けない。)

火を止めて冷ます。

f:id:hirorino183:20190331125506j:plain

 

 

冷めたら、ザルや濾し器でこして、保存容器に。

冷蔵庫で4〜5日持ちます。

製氷皿に入れて冷凍すれば長期保存できます。

 

f:id:hirorino183:20190331125612j:plain

 

そして野菜くずはしっかり水気が取れたらコンポストに。ベジブロスで煮込んだ野菜の方が柔らかくて早くコンポスト処理される気がします。

 

個人的な感想ですが、たまねぎやにんにくの皮から苦味が出ることがあるので控えめにした方が好き。にんじんの皮は普段から剥かないけど、料理によって剥いた時入れたら甘みが出ておいしかった。たまに買うチキンの骨。これも入れるとコクのある出汁が出ます。

 

うーん、ガスを使うから環境問題の視点からは無駄なエネルギーで、出汁を取らずにただ単にコンポストしてしまった方が良いのでは、とも考えられる。でも栄養面では野菜がくれる大事な栄養源を最大限に摂らないのはもったいない。そればかりは個人の考え方に寄るのかな。私はこのベジブロスが好き。そして、せっかくの栄養源もたっぷり摂りたい、そう考えます。

 

 

 

私が保存容器として使っているのはこちら↓

ル・パルフェ 密封ビン 1.5L ND-2314

ル・パルフェ 密封ビン 1.5L ND-2314

 

 

シリコンの蓋つき製氷皿、 BPAフリー↓

 

 

 

 

日本のスープに欠かせない、味噌

日本の食卓で欠かせないみそ汁。海外では "miso soup" と呼ばれて近年好まれて食べられています。そんな我が家もお夕飯ではみそ汁が欠かせない。味噌を自分で作れば良いのだけど、それはまだ挑戦できてない、作ったとしても1月下旬から2月にかけての寒い時期に仕込んで10月から11月頃に食べ頃と時間が結構かかってしまう。

どうにかパッケージレスで買えないか、調べてみると、意外にある味噌屋さん。少し離れてはいるけど自転車で行けなくはない距離に一店発見。昭和9年創業の佐野みそ。本店が一番近くにあったので行ってみると、数えきれない種類の味噌が並ぶステキな空間。それだけでもワクワクしてしまう。それ以外にもこだわりの調味料や食品もいっぱい。

数多くある味噌の中から一つ選んで、やってくるドキドキタイム。

(やっぱり初めてのお店で容器を持って行って頼む時は未だに緊張してしまう)

「味噌500g、この容器に入れてください。」

すると、店員さんに「ステキな容器ですね、容器お持ち頂いてありがとうございます。」とすごく感謝された。感謝されるのは初めて。なんだか嬉しかった。

 

それから味噌がなくなる度に通っていくうちに、自分の容器の容量が分かり、800gまで入る(100g単位で売ってくれます)。そしてわかめの量り売りがあることに気づいたので、わかめも購入。

ここで買う時に一つだけ注意しないといけないが、毎回くれる味噌の説明書を断るのと、味噌を入れてくれた後に店員さんが蓋に味噌が付かないようにと透明フィルムをつけてくれようとするので、必要ないです、と一言添えるだけ。

 

ゼロウェイストを始めなければ、味噌を量り売りで買おうという発想は生まれなかったと思う。そのおかげで知ったステキなお店とステキな店員さんたち。ゼロウェイストがくれる、人と人の繋がりに毎回ほっこり。

 

 

 

 

久しぶりに...

2年前の2017年1月にこのブログを始めて、わずか1ヶ月足らずで更新ができなくなってしまいました...。

いっぱい書きたいことがあって始めたのに...。

そして長い間放置してしまっていたにも関わらず、見に来てくださっている方々がいるということを今年になってブログを開き知りました。すごく嬉しかったです。ありがとうございます。

 

 

何から書いたら良いのかな...と考えながら、包み隠さず、本当の事を書きます。

私事なので興味のない方はスルーして行ってください。

 

最後のブログを書いた直後、これまでの私の人生の中で一番と言ってもいいくらいの悲しい経験をしました。

 

愛する人との別れを経験しました...。

 

いっぱい泣いて、人に甘えて、家族や友人、たくさんの人に支えられて、そして瞑想やヨガに支えられました。

 

 

仕事に没頭しつつ、瞑想やヨガを通して自分がどういう暮らしをして生きたいか、みつめ直しながらあっという間に過ぎ去っていったこの2年間。

今、また笑って毎日を過ごせるようになりました。

そして日本の反対側の南国に今年から生活してます。

お庭で野菜や果物を育てるスローライフを送ってます。

ゆったりと過ぎる時間と共にゼロウェイストについてまた書きたい、その思いが強くなってきました。

どんな辛い時でもハッピーな時でもずっと変わらず、私の生活はゼロウェイストのライフスタイル。それが心地いい。

 

東京で生活していた時のネタがいっぱいあって、それを紹介しつつ、今いる日本とは正反対の環境の中でのゼロウェイスト生活について書いていきたいと思ってます。

またゼロウェイストについて書けるって思うだけでなんだかワクワクします。

 

新しい環境でのゼロウェイスト生活はまだまだ試行錯誤がいっぱい。これからも私のゼロウェイストライフへの冒険は続いていく!

 

f:id:hirorino183:20190327090236j:plain

週末を過ごす海辺。ここで夕方の瞑想をするのが気持ちいい。