読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服に新たな命を

Bea流の2ndステップは、REDUCE(リデュース)<必要なものを減らす>。今流行のミニマリストとか断捨離。完全にそうなるのは、私には難しい...。

私は子供の頃からものを多く持っているうえ、捨てれない人。いつか使うかもとか、もったいないと思ってしまうタイプの人間。ただ、捨てることはできないけど手放すことはできる。要するにまだ使えるものは寄付したりや売ったりすることで、第三者にとって価値のあるものになってくれたら嬉しいし、そうすれば手放すことができる。

 

捨てれない私は中学生の頃に買ったワンピースとかを未だに着たりする(笑)昔からお洋服は大好きでたくさんの服を買って来た。稼いでた時は平気で月20万円近く服を買ったりも。当時と好みが変わってきて、着れるけど着ない服がいっぱい。でも、捨てられない。そんな時はメルカリなどのフリマアプリで売ったりもする。そして手間入らずの洋服ポストがお気に入り。

月一回近所のカフェで回収してくれているので大きな袋に詰めて、自転車で持って行って、はいと渡すだけ(ここでも初回の一回目は緊張してしまった私。2回目以降はもう大丈夫・笑)!

 

www.yofukupost.net

 

これなら私でもできる断捨離。そしてこの洋服ポストの好きなところは回収した衣類は海外の古着マーケットで販売されるのだけど、どうしても商品にならないものはウエスや反毛材、固形燃料としてリサイクルされるというとこ。要はゼロウェイスト!

 他にも各自治体で古着回収したりもしているのも気軽に寄付できそう(まだこれはチャレンジしてませんが...)。

 

手軽さで言ってしまえば、捨てる(焼却ごみとして出してしまう)のが、一番手軽なのかもしれない。でも、寄付したり、売ったりすることで、私のREDUCEが誰かにとってのREUSEに、最終的にはRECYCLEに繋がる。そうすることで、何かの繋がりが増えたり、誰かをHappyにすることができていたり、そして環境負荷を減らすことができる。私はそっちの選択肢をとりたいと思う。

今はゼロウェイストライフを始めて、ほとんど服を買わなくなったので服は減少傾向。私のREDUCEも少しは成功しているかな!

 

 

パンの保存袋でお米

Bea流のゼロウェイストのファーストステップはREFUSE(リフューズ)<不要なものは断る>。レジ袋や包装を断ることもそのひとつ。毎日の暮らしの中で欠かせない食料の買い物。そして日本人として欠かせないお米。私が初めて実践したゼロウェイストショッピングはお米でした。

 

 

スイスに住む親友から一昨年のクリスマスプレゼントに送ってもらった布製のパン保存袋を持って、近所の商店街のお米屋さんに。人生初めて入るお米屋さんに少しドキドキ。十何種類あるお米から1種類を選び、3kgを注文した。精米してもらっている間はおっちゃんとお米について話したり。「女性は玄米が好きだけど男性は白米が好きだよね〜僕も白米しか食べないよ〜」とおっちゃん。

精米が終わる頃、少しドキドキしながら、

「この布袋にお米を入れてください」と布袋を出しながら言ってみた。

すると、「懐かしいね〜昔僕が小さかった頃はみんな布袋持って来てたんだけどね〜」とおっちゃん。すごくあっさり布袋が受け入れられて嬉しかった!

 

広げるとバケットが数本はいるくらい大きいパンの保存袋。

 

帰ったら保存瓶に移し替えるだけ。

 

やっぱり精米したての新鮮なお米はおいしい気がする。

 

我が家は基本、パートナーの希望で白米。私用の玄米は小さめの1Lの保存瓶に。

 

あの日以来1年以上通っているお米屋さん。おっちゃんは元プロサファーで今は毎週末ダイビィングをやっているとかと、色々と話す仲に(笑)

おっちゃん曰く、私の住む町のお米屋さんは数十年前に比べて1/3に減ってしまった。スーパーの便利化、進出によって衰退していく商店街にゼロウェイストショッピングは活性化を与えられるのかもしれないな、と思ったり。

 

 

 おしゃれでお手頃価格。5kgまでお米が保存できるガラスジャー ↓

 

 我が家で愛用しているル・パルフェの保存瓶 ↓

Seiei フランス製保存瓶 ル・パルフェ 1000ml

Seiei フランス製保存瓶 ル・パルフェ 1000ml

 

 

「R」はいくつあっても良さそう。

数年前から欧米を中心に注目されているゼロ・ウェイスト・ライススタイル。日本でも昨年9月にBea Johnson(ベア・ジョンソン)の著書「ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし」(服部雄一郎・訳)が発売されました。

Beaは5つの「R」でごみを簡単に減らすことができると言ってます。(※この順番が大事です!)

 

1.REFUSE(リフューズ)<不要なものを断る>

レジ袋などの使い捨てプラスチック、街頭で配っているポケットティッシュ、ホテルのアメニティやイベントで配られるペンなどの無料グッズ、ポストに入る広告などは石油や木などの貴重な資源を使い作られてます。いらないものには"NO"と断る勇気を。

 

2.REDUCE(リデュース)<必要なものを減らす>

今流行のミニマリスト。家にあるすべてのものに対しての必要性、使い道を今一度見極め、不要なものは手放す。また、次に何か買う時も同じく本当に必要かを考え、もし買うのであればできる限り簡素な包装で入手する。

 

3.REUSE(リユーズ)<ものを繰り返し使う>

マイ(エコ)バッグや水筒、布マスクなどの繰り返し使えるものを使用し、使い捨て用品などの無駄な消費をなくす。また、カーシェアリングなど共同利用を始めたり、セカンドハンドで購入し、ものを繰り返し使う。

 

4.RECYCLE(リサイクル)<資源化する>

リサイクルするには再加工するために貴重なエネルギーを要します。上記3つの「R」でどうしても断れないもの、減らせないもの、繰り返し使えないものについては資源化する。

 

5.ROT(ロット)<堆肥化する=コンポスト

残りはすべて堆肥化する。堆肥化は生ごみや植木などの有機ごみを時間をかけて分解し、養分を土に返すという自然が行うリサイクル。日本の家庭ごみの1/3は生ごみ。家庭で生ごみのコンポストに取り組むことによって、ごみの大幅な減量になります。また、現在は各自治体がごみの減量化に取り組んでおり、補助金などが出るケースも少なくはないようです。

 

これら5つの「R」について、もっと 詳しくはBeaのブログやこちらの本に載ってます! ↓ 

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

 

 

私はこれにつけ加えて、REPAIR(リペア)<修理する>REMAKE(リメーク)<リメークする>等にも取り組んで、使えなくなったものを捨てるのではなく、もう一度よみがえらせてみたり、新たな命を吹き込んで、ゼロウェイストライフスタイルを楽しんでます。

 

 

最後の旬はずれのゼロウェイスト

1月なのでかなり旬はずれですが、12月まで待つのは長い月日なので先月のクリスマスについて1つだけ。

昨日も書いたように、私にはかわいい姪っ子、甥っ子が3人います。クリスマス当日は私の家族とパートナーの家族の総勢16人でクリスマス会を開きました。

大人には手作りのドイツのクリスマスクッキーやシュトーレンをプレゼントし、姪っ子、甥っ子たちには絵本をプレゼントしました。

 

ゼロウェイストなプレゼントのラッピングとして、

 

手作りのナップサックにプレゼントを入れて、あげました。

 

 

中身は絵本。英語を習っている5歳の姪っ子にはMy First Dictionary、猿みたいにかわいい甥っ子にはCurious George's Dictionary、そしてもう一人の甥っ子には私の大好きな詩人のShel SilversteinのThe Giving Tree。まだ1歳児には早いかな...と思いつつ、この本を直訳は「寛大な木」。甥っ子の名前にも「寛」が含まれているのでいいかなって。3人ともバイリンガルに育ってほしいというおばちゃんの思いで英語の絵本。(ちなみばーば(私の母親)も孫3人に絵本をあげ、かぶってしまいました...。まぁ、親子だから考えることが同じなのかな・笑)

 

 

プレゼントの包装としての役目を果たした後はリュックサックに。ママたちも保育園に使えると喜んでくれました!

 

やっぱり無駄の出ないゼロウェイストは楽しいなぁ!

ゼロウェイストお年玉

お年賀に引き続き新年なので今年のゼロウェイストお年玉について。

 

私にはかわいい姪っ子が1人、甥っ子が2人います。ゼロウェイストになったからといってお年玉をお金のままあげるわけにもいかないし...。家にまだ去年のお年玉袋が2つ残っていたので2人の甥っ子にはそのお年玉袋で(笑)姪っ子ちゃんにはお年玉袋を作ってみました。

 

いちご🍓のお年玉袋。なかなかかわいい色合いと自画自賛(笑)

 

 

家にあったフェルトとビーズでチクチクと。

 

 

サイズがギリギリだった💦

 

 

まだ5歳だから千円(笑)お年玉を取り出した後は小物入れとして使ってくれたらおばちゃん、嬉しいなぁ。

 

お年賀

少し旬はずれのネタになりますが、新年なのでゼロウェイスト第一弾の取り組みの紹介はお年賀で。

 

毎年家族や親戚にお年賀を渡すのが我が家の風習になってます。

ゼロウェイストで暮らしているとどうしても過剰包装が気になる。包装紙や袋は結局ごみになってしまう...。新聞紙で包むというのもラッピングの方法だけどお年賀としてはちょっと味気ない。そこで今年は自家製の巾着袋に入れてお年賀を用意。巾着袋はミシンで簡単に作ったもの。

 

 

中身はびわこふきんと石垣の塩

 

びわこふきんはガラ紡と呼ばれる日本独自の紡績方法で織られた木綿の布で、デコボコしたガラ紡糸が油や汚れを取り込み、吸収性・吸油性・速乾性が優れている洗剤なしで洗えるふきん。食器洗いのふきん以外にも台ふきんとして、また身体を洗うタオルとしても使うことができます。
試しに一つ買ってみたら使いごこちが良く、油汚れも良く落ち、手荒れも治りました!お年賀はこれにしようと即決めました。

 


 

 ↑サイズも多数あります。

 

 

合わせて一緒に石垣の塩。塩は毎日の食事の中で欠かせない調味料だからこそこだわりたいと思い、数々の塩を試してきました。この石垣の塩は塩味以外に旨味を含んでいてお気に入りの一つ。

 


 

 

健康でハッピーな生活は食事からと考えているので今年も大切な人たちに益々健康でいてもらいたいという思いから日常生活で使ってもらえるようなお年賀にしました。

 

 

ゼロウェイストで暮らす今、お年賀自体を廃止するということも考えましたが、ゼロウェイストへの理解を深めてもらういい機会と思い、手作り巾着にお気に入りの2つを詰めて挨拶回りをしてきました!

 

ゼロウェイストとの出会い

ごみが気になり出したのは、結婚を機に日本に帰国した2014年。一軒家が立ち並ぶ住宅街に引っ越し、朝仕事に行く道のりで家の前に出されているごみが目に入ってきた(それまで住んでいたドイツのアパートメントも実家のマンションも共同のごみ捨て場があったせいか、ごみについて考えたことがなかった)。そこから私のごみとの冒険が始まった。

 

ごみについて調べていく中で、ゼロ・ウェイスト=zero wasteに取り組む徳島県上勝町のゼロ・ウェイスト運動を知り、私も日々の生活でごみをなるべく出さない、リサイクルできるものはリサイクルするという生活が始めた。

 

更にごみに対する関心が高まり、持続可能な地域デザインの仕事に転職し、発展途上国の包括的資源循環システム構築プロジェクトに取り組んだ(世界の多くの国々は日本のように焼却炉がないので、排出されるごみはすべて埋め立て処理されている。そこでごみを資源として再利用(リサイクル)し、ごみを減らす(=CO2削減)システム導入にするプロジェクト)。仕事帰りにTEDを聞くのが習慣で、ある日の帰り道、ニューヨークシティでゼロウェイスト生活をしているLauren SingerのTEDを聞いて、衝撃を受けた。

 

 

他国のごみを減す仕事をしている私は、日々の生活の中でごみを排出している...。

Lauren Singerがゼロウェイスト生活を始めるきっかけになった、カルフォルニア州で家族4人ゼロウェイストライフに取り組むBea Johnson。早速2人のブログを読んだり、youtube見たりした。

 

Beaのステキなライフスタイルがニュースで取り上げられた ↑

 

 GoogleでのBeaのスピーチ(長いけど参考になります) ↑

 

それまではリサイクルしているから、私は環境に配慮した生活をしていると思っていたけど、そもそもごみを出さないという考えはなかった。

彼女たちの取り組むゼロウェイストを知れば知るほど、魅了されていくライフスタイル。それはごみをゼロにするという以上に、私に楽しみやワクワクをくれてます。1年前から私もゼロウェイストに取り組んでます。ごみは1年前に比べれれば1/10くらいに減ったかな!

まだいろいろと試行錯誤中。ゼロウェイスト生活をすることによって毎日新しい発見と嬉しいことがいっぱい!これからも私のゼロウェイストライフへの冒険は続いていく!

 

Welcome to my journey to zero waste life!