読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後の旬はずれのゼロウェイスト

1月なのでかなり旬はずれですが、12月まで待つのは長い月日なので先月のクリスマスについて1つだけ。

昨日も書いたように、私にはかわいい姪っ子、甥っ子が3人います。クリスマス当日は私の家族とパートナーの家族の総勢16人でクリスマス会を開きました。

大人には手作りのドイツのクリスマスクッキーやシュトーレンをプレゼントし、姪っ子、甥っ子たちには絵本をプレゼントしました。

 

ゼロウェイストなプレゼントのラッピングとして、

 

手作りのナップサックにプレゼントを入れて、あげました。

 

 

中身は絵本。英語を習っている5歳の姪っ子にはMy First Dictionary、猿みたいにかわいい甥っ子にはCurious George's Dictionary、そしてもう一人の甥っ子には私の大好きな詩人のShel SilversteinのThe Giving Tree。まだ1歳児には早いかな...と思いつつ、この本を直訳は「寛大な木」。甥っ子の名前にも「寛」が含まれているのでいいかなって。3人ともバイリンガルに育ってほしいというおばちゃんの思いで英語の絵本。(ちなみばーば(私の母親)も孫3人に絵本をあげ、かぶってしまいました...。まぁ、親子だから考えることが同じなのかな・笑)

 

 

プレゼントの包装としての役目を果たした後はリュックサックに。ママたちも保育園に使えると喜んでくれました!

 

やっぱり無駄の出ないゼロウェイストは楽しいなぁ!